歌名:真実の行方
歌:三谷朋世 作詞・作曲:福田考代

張り詰めた空は真実語らず 近付くことを拒んでいる
緊繃的天空不述說真實 並拒絕他人靠近

溢れる涙 雫となり零れ 心が痛くてどうしようもない
滿眶眼淚化為水珠滴落 心痛卻又無可奈何

悲しみの果て 行き著く先は 『真実と偽り』
悲哀盡頭去路的前方是 真實與虛偽

ここに眠る真実の行方 こんなにも傍にいるのに
沉眠於此處的真實去向 分明如此近在身邊

遠く光る星の全てを 照らしているのに…
遠方閃爍的星光 分明照耀了一切啊...


凍てついた空は 時には鏡で 心の痛み 映して染める
凍結的天空有時彷彿鏡子般 映且染上了心中的痛楚

傷つけた羽は恐れを知らず 休む事さえできないままに
受傷的羽翼不知恐懼為何 連休憩都無法辦到

真実求め何処までも遠くへ 風に逆らい遙か彼方へ
為了追求真實去遍天涯海角 逆風而行直往遙遠彼方

掴み損ねた 夢物語 現実と幻
捉摸不定的夢物語 現實與幻想

靜か過ぎて消えてしまいそう こんなにも叫んでいるのに
太過靜寂而即將消失般 分明如此極力嘶吼啊

刻む時はこの聲さえも 消してしまうのね…
時間刻劃中連這嘶吼都 將會消失嗎...

み合う鎖のように 悲しみと暗闇は
彷彿交纏的鎖鏈般 悲哀與黑闇

重たくて解放すことは許さない
太過沉重而 不允許從中解放


ここに眠る真実の行方 こんなにも側にいるのに
沉眠於此處的真實去向 分明如此近在身邊

遠く光る星の全てを照らしているのに…
遠方閃爍的星光 分明照耀了一切啊

靜か過ぎて消えてしまいそう こんなにも叫んでいるのに
太過靜寂而即將消失般 分明如此極力嘶吼著啊

刻む時間はこの聲さえも 消してしまうのね…
時間刻劃中連這嘶吼都 將會消失嗎..

    全站熱搜

    silvers000 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()